住宅ローン審査

住宅ローン審査

住宅ローン審査に通らないとき

一度住宅ローン審査で否認(非承認)されてしまうと、他の金融機関でも住宅ローン審査に通るのはかなり困難になります。金融機関は個人信用情報機関で個人情報を共有しているので、一つの金融機関の借り入れ情報は他の金融機関でも把握されてしまうからです。ここでは、住宅ローン審査を受ける前に事前に自己審査を行い、否認される原因を取り去る方法を解説します。また、住宅ローン審査で減額決済されてしまったとき、どうしても融資額を増やしたいときの対処法もご紹介します。
住宅ローン審査

住宅ローン本審査

住宅ローン審査は事前審査と本審査の二段構えになっています。住宅ローン事前審査が承認され本審査も大丈夫だと思っていたら、本審査では否認されたり融資額を減額されることもあります。住宅ローン事前審査と本審査の違いは、「事前審査と本審査の違い」を参照してください。ここでは、住宅ローン本審査で必要となる書類を紹介し、国土交通省のアンケートを交えて本審査で否認されないためのチェック項目を紹介します。
住宅ローン審査

住宅ローン事前審査

住宅ローンはCMでも流されるなど、金融機関にとっては大切な営業品目です。ところが、誰にでも住宅ローンが提供されるわけではありません。住宅ローンを組むためには住宅ローン審査という関門があります。住宅ローン審査には、事前審査と本審査があります。ここでは、住宅ローン事前審査で提出する必要がある書類を解説するほか、事前審査で落とされる要注意項目をわかりやすく解説します。
タイトルとURLをコピーしました