住宅ローン選び

住宅ローン選び

住宅ローンの種類

住宅ローンといえば、かつては住宅金融公庫が提供する公庫融資が主流でした。しかし、2007年4月に住宅金融公庫から住宅金融支援機構(独立行政法人)に移行し、住宅ローンの融資窓口は民間金融機関が中心になりました。新規の公庫融資がなくなったとは言え、住宅金融支援機構が民間金融機関と共同して提供する住宅ローン「フラット35」は最長35年の固定金利で融資されるので現在でも住宅ローンの主流です。一方、力のある民間金融機関は自前の住宅ローンを強化し顧客獲得に有利な条件を提示しています。また、会社員には従来通り「財形住宅融資制度」が存続されましたので、比較的有利な住宅ローンを利用できます。
住宅ローン選び

固定金利と変動金利どちらがお得

住宅ローンには大きく分けると固定金利型と変動金利型があります。また固定金利タイプにも1年から5年程度の短期固定タイプと10年以上の長期固定金利タイプがあります。 一般的には変動金利型が一番金利が低く、固定期間が長くなるにつれて金利が高くなります。住宅資金を調達するとき、あなたはどのタイプの住宅ローンを利用しますか、ここではあなたにぴったりの住宅ローンを提案します。
住宅ローン選び

フラット35 徹底解説

フラット35は住宅金融公庫が公庫融資に代わって投入した長期固定金利の住宅ローンです。当初「フラット35買取型」だけでしたが「フラット35保証型」も商品化され、取り扱う民間金融機関によって自由度の高い住宅ローンが提供されています。また、省エネルギーや耐震性能、バリアフリーなど優良住宅の条件を満たせばより低金利が提供されるフラット35S(優良住宅取得支援制度)の活用方法も解説します。
住宅ローン選び

変動金利住宅ローンのリスク検討

金融不安と景気減速で不動産不況が深刻です。この状況を解消しようと、住宅ローン減税など政府による景気刺激策が実施されています。また、日銀の低金利政策によって短期金利が低下し、魅力的な低金利住宅ローンも登場しています。 優遇金利などで巧みに変動金利型住宅ローンを勧誘する金融機関の戦略にリスクはないのか検証します。
タイトルとURLをコピーしました