フラット35

住宅ローン選び

住宅ローンの種類

住宅ローンといえば、かつては住宅金融公庫が提供する公庫融資が主流でした。しかし、2007年4月に住宅金融公庫から住宅金融支援機構(独立行政法人)に移行し、住宅ローンの融資窓口は民間金融機関が中心になりました。新規の公庫融資がなくなったとは言え、住宅金融支援機構が民間金融機関と共同して提供する住宅ローン「フラット35」は最長35年の固定金利で融資されるので現在でも住宅ローンの主流です。一方、力のある民間金融機関は自前の住宅ローンを強化し顧客獲得に有利な条件を提示しています。また、会社員には従来通り「財形住宅融資制度」が存続されましたので、比較的有利な住宅ローンを利用できます。
住宅ローン金利と試算

新規住宅ローン シミュレーション

住宅ローンを利用するときに気になるのが毎月の返済額や最終的に必要になる総返済額ですね。返済額を左右する最も大きな要素は金利ですが、住宅ローンにはほかにも初期費用として融資手数料や保証料が必要になることがあります。さらに団体信用生命保険に加入することを義務付けしている金融機関もあります。ここでは、3000万円を30年返済する条件で各社の住宅ローンをシュミレーションします。
住宅ローン金利と試算

フラット35金利比較

フラット35は住宅金融支援機構と民間金融機関が共同し提供してる住宅ローンです。同じフラット35でも金利などの条件は各金融機関によって異なります。ここでは比較的金利が低く有利な融資条件を提示している金融機関を紹介します。フラット35保証型はフラット35買取型と異なり借り換えや融資可能額が拡大しました。ただし金融機関によって借り換えなどに対応していない場合があります。
住宅ローン選び

フラット35 徹底解説

フラット35は住宅金融公庫が公庫融資に代わって投入した長期固定金利の住宅ローンです。当初「フラット35買取型」だけでしたが「フラット35保証型」も商品化され、取り扱う民間金融機関によって自由度の高い住宅ローンが提供されています。また、省エネルギーや耐震性能、バリアフリーなど優良住宅の条件を満たせばより低金利が提供されるフラット35S(優良住宅取得支援制度)の活用方法も解説します。
タイトルとURLをコピーしました